無料ブログ作成サービス JUGEM
こんなに便利で快適な方法があったなんて
0

     

    ちょっと遠くへお出かけする時にはクルマか電車のどちらかでしたが、近頃はもう一つの交通手段として活用している乗り物があります。

     

    とある知人から教えてもらったのがきっかけでしたが、オススメされるがままに利用してみたら思っていた以上に便利で快適。

     

    しかも安く行けるという利点もあり、目的地までの単なる移動手段と割り切れば、じつに堅実で合理的な方法だと思います。

     

    最近はメディアで取り上げられる事も多くなってきた高速バスでの旅について、自身の体験を例にその魅力をご案内したいと思います。

     

     

    静岡駅からみなとみらいへ

     

    パシフィコ横浜を会場に開催されるフィッシングショーには、まずJR静岡駅から新幹線こだま号かまたは新横浜駅に停まるひかり号を探して乗り込み、新横浜駅から在来線や地下鉄線に乗り換えて、最寄り駅から会場まで歩くというコースが定番でした。

     

    新横浜駅からフィッシングショーの会場までは距離的にさほど遠くありませんが、電車の乗り換えと駅から会場までの微妙な距離感も手伝って、思った以上に面倒な道のりです。

     

    しかし、そんな厄介だった行程も高速バスに乗ったらすべて解決でした。

     

    高速バスなら、静岡駅で乗車した後は乗り換える事も歩かされる事もなく、そのままフィッシングショー会場のすぐ近くまで運んでくれます。

     

    クルマでの移動で常に関わってくる駐車場や駐車代の心配もありませんし、遠くの駐車場から歩かされるような事もありません。

     

    本当にすぐ横へ停車してくれたので、これがまず何より便利で快適でした。

     

    運賃はほぼ半額かそれ以下

     

    電車コースでの運賃は片道5,404円から6,020円。(ジョルダン乗換案内調べ)

    しずてつ高速バスの静岡横浜線なら座席指定で片道2,780円。(2017年11月現在)

     

    しかも往復で予約すれば割引き価格で4,600円です。(2017年11月現在)

    電車コースの片道料金よりも安い運賃で行って帰ってこれるんです。

     

    予約時にクレジットカードで決済してしまえば乗車票の提示だけですべてOK。

    財布を開けたり閉めたりする面倒は一切ありません。

     

     

    乗ってみたら予想以上に快適

     

    市街地を走る路線バスと違って高速バスはシートもゆったりで座り心地も快適です。

    最初のうちはバス独特の揺れや振動も少し気になりましたが、すぐに慣れてきます。

     

    電車から見る風景とはまた違った景色を眺めながら東名高速道路を一路東へ。

    自分や友人の運転じゃないから、よそ見したって居眠りしたって大丈夫です。

     

    往路では足柄パーキングエリアで15分ほどのトイレ休憩がありました。

    外の空気で深呼吸しながら、座りっぱなしだった体をほぐしてリフレッシュ。

     

    自販機で缶コーヒーを買って気分転換。

    さて、あとどのぐらいで到着かな。

     

    装備もしっかりしていて満足

     

    すべての座席に充電用のUSBコネクターが装備されています。

    スマートフォンやタブレットのバッテリー残量を気にする事なくフル活用できます。

     

    車内全体がフリーWi-Fiスポットのインターネット環境になってます。

    利用料金は無料で接続時間も制限ありませんが、つながりにくい事があります。

     

    パーキングエリアでのトイレ休憩でうっかり行きそびれても大丈夫。

    バスの車内には清潔なトイレも完備されています。

     

     

    不満がないわけじゃありません

     

    しずてつ高速バスの静岡横浜線は、静岡駅を出発してから新静岡へ回り、北街道を経由して清水インターから高速道路に上がる経路を走ります。

     

    この間にいくつかの停留所があって、下道の短い区間を停まったり走ったりを繰り返している時がどうもじれったく感じます。

     

    最初からそういうものだと承知して乗ってはいるものの、出発してからしばらくの間の路線バス状態には少し不満もあります。

     

    それと、これもまた仕方のない事ではありますが、道路事情などにより時刻表の通りには到着しない事が多いようです。

     

    運悪く事故や悪天候による交通規制などに見舞われてしまったら、予定が大きく変わってしまう事も覚悟しておいた方が良いでしょう。

     

    ちなみに高速バスの予約は始発の2時間前くらいでも変更やキャンセルができる路線も多いようなので、予約の際に調べておきましょう。

     

    突然のスケジュール変更はもとより、天候や交通事情に応じて速やかに他の移動手段に切り替える策も考えに入れておいた方が良いでしょう。

     

    利用にあたって注意したい事

     

    当たり前ですが、出発時間には遅れないように余裕を持って乗車しましょう。

    たとえ予約していても、出発時間を過ぎると発車してしまいます。

     

    これが電車だったら「少し遅くなるけど次のに乗れば」で済みますが、高速バスは同じ路線がまた来る事があるかどうか。

     

    もしあったとしても満席だったら乗れないし、それに空席があっても乗車券の別途お買い求めが必要になるんじゃないかと思います。

     

    残念ながら乗り遅れた事がないので、確かな事はわかりませんが。

    あしからず。

     

    それと、土日は利用する人も多くなりそうなので早めの予約をお奨めします。

    出発日の1か月前から予約できるそうです。

     

    by ルアーショップ・マスオカ 店長

     

    | マスオカ店長 | ちょっと驚いた出来事 | comments(0) | - |
    コンビニストアでビックリなお買い物
    0

       

      某有名コンビニにて

       

      なんか疲れたなぁ。

      甘いものが食べたくなってきたなぁ。

       

      ちょうどコンビニあるし、お菓子でも買っていこうかな。

       

      店内をぐるりと一回り。

      ふと目に留まったのが「あんドーナツ」。

       

      普段は買ってまで食べる事もないのに、つい手に取ってしまいました。

       

      思った以上に疲れているみたい。

       

      コンビニのお菓子は

       

      あの陳列スペースに並んでいる商品は、よく売れる物と思って間違いないはず。

       

      POSシステムで売れ行きが管理されて、成績の良い商品だけが確保できる場所。

       

      だからコンビニに並んでいるお菓子は、基本すべて美味しいと信じていました。

       

      この「あんドーナツ」を食べるまでは・・・

       

      ハズレを選んじゃったかな

       

      小さな「あんドーナツ」をパクッと一口。

      ん?!、これあんまり美味しくないなぁ。

       

      それ自体が美味しくないというよりも、口の中に広がる風味があまり良くない。

       

      まるで古い油で揚げちゃったような、例えて言うならそんな感じさえする。

       

      それでもよほど甘い物に飢えていたのか、旨くないと言いながら3つ食べちゃった。

       

      しかしこれ本当に売れてるのかな。

       

      信じられない事実が判明

       

      この「あんドーナツ」どこで作ってるの?

      気になって裏側見ると、なんとビックリ。

       

      パッケージに印字されたその表記を見て、一瞬わが目を疑いました。

       

       

      あ〜、なるほどそういう事だったのか。

      なんか変だなぁと思ったんだよね。

       

      自前の舌も、そこそこ信頼できるじゃん。

      いちおう人並みの味覚は備えていたんだな。

       

      そんな事で何気に嬉しくなったりして。

       

      さてどうしたものか

       

      わざわざコンビニまで戻るのも面倒だし。

      それにレシートも無いから証明できないし。

       

      詐欺じゃないかとか、クレーマーの方とか、そんなふうに勘ぐられるのもイヤだしなぁ。

       

      けど、お店のためにもちゃんと伝えるべき?

      もし自分だったら、その方が有難いよね。

       

      やっぱり明日、行ってこよう。

       

      もしも「あんドーナツ」がまだ残っていたら、裏側の日付けを見て、どうするか決めよう。

       

      うん、そうしよう。

       

      by ルアーショップ・マスオカ 店長

       

      スポンサーサイト

      | マスオカ店長 | ちょっと驚いた出来事 | comments(0) | - |