無料ブログ作成サービス JUGEM
小さな白い塊をそーっと落として岸壁のクロダイを釣る
0

    昨日の休業日は焼津の川と焼津の港でクロダイゲームをしてきました。

     

    それぞれ1匹づつですが、どちらにも本命の釣果があって嬉しい一時でした。

     

    そこで今日のブログでは、夕方チョイの間に挑んだ港内岸クロゲームのお話を。

     

    お知らせしたい情報も含めて、詳しくご案内しようと思います。

     


    港内のクロダイがわりと活発で釣況も良くなっているという情報を聞きました。

     

    なのでイガイ型ルアーの「落とし貝R」を護岸沿いに落として狙ってみようかと。

     

    ところがここ最近の情報によると、フジツボを食べているクロダイが多いそうです。

     

    いや、でも岸壁で貝をつついている黒鯛に貝のルアーを落とし込むのだから。

     

    それがイガイでもフジツボでも、どっちでも喰うんじゃないかと。

     

    たいして釣ってもいないくせに、そんな安易な考えで片付けそうにもなりましたが。

     

    やはり思い直して、鈎も結び直して、「フジツボっち」をセットして挑む事にしました。

     

    −−−−−

     

    いざ落としてみると「フジツボっち」は「落とし貝R」よりもゆっくりと沈んでいきます。

     

    微細な波動を伴いながら、ユラユラと漂うように沈んでいく「フジツボっち」アクション。

     

    わりとすんなりと沈んでいく「落とし貝R」とは、明らかに異なるアピールで誘います。

     

    どうやらこの2つのルアーは、ただ単に色や形が違うだけではないようです。

     

    食べてる貝の違いだけじゃなく、釣場のいろんな状況やクロダイの状態によって。

     

    風の強さや潮の流れなども含め、その場に応じた使い分けが大切になるでしょう。

     

     

    護岸の際から少し手前で足を止め、竿先を伸ばしてそーっと岸壁沿いに落とし込む。

     

    50センチほど沈んだあたりで垂直に垂れていたラインがスッと横に引かれたような。

     

    これを見てロッドの先を振り上げると、ネガカリとは違うズシッと重みのある感触。

     

    すかさず前へ歩を進め、ロッドを持つ手を前に伸ばして魚を岸壁から引き離します。

     

    岸壁の凹みや海底の石積みに入り込まれたらラインが擦られて切れてしまいます。

     

    できるだけラインは出さないように、ロッドの弾力と腕の力でぐっと堪えます。

     

    やがて力尽きて上がってきたクロダイでしたが、この後さらに2度の強い突っ込み。

     

    浮いたら浮いたで水面をバタバタと激しく叩き、なかなかの暴れっぷりでした。

     

    おとなしくなったところで玉網をスタンバイして、そっと静かにランディング。

     

    おそらくフジツボを食べているであろうクロダイを、しかと仕留める事ができました。

     

    −−−−−

     

    ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業中です。 定休日は毎週水曜日です。

    スポンサーサイト

     

    | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
    おとといのヒラメはこんなふうにして釣りました
    0

       

      ふと目を覚まして時計を見ると、時刻は4時25分。

       

      今日は定休日です。※5月16日(水曜日)

       

      「もし起きれたらヒラメ釣りに行こう・・・」くらいに思っていましたが、なかなか良い時間に起きられました。

       

      とはいえこの時期この時間では外はすっかり明るくなって、表へ出る頃には日の出時刻を過ぎています。

       

      車を静岡方面に走らせて、安倍川を渡ってさらに東へ。

       

      釣り人が少なそうな空いている場所を探して、ウェーダーを履いてタックルベストを装着して浜に立ちます。

       

      寄せる波は少し長めだけど海は穏やかで、さわやかな風が浜辺を渡る気持ちの良い朝でした。

       

      −−−−−

       

      まずは自身で勝手に決めているセオリーに沿って、ヒラメ用のミノープラグからスタート。

       

      次にバイブレーションによる強めの波動アピールを求めて、メタルバイブにチェンジ。

       

      そしてスピンテールタイプのメタルジグに替えて、キラメキアピールと飛距離を確保。

       

      そんなローテーションを繰り返しながら、右へ行ったり左へ行ったりと移動しながら攻めてみましたが。

       

      釣れません。

       

      アタリすらありません。

       

      どうやら周りの人にも釣れている様子はありません。

       

      さて、どうしたものか。

       

      ちなみにこの日はワームを持ってきていませんでした。

       

      これが大きな失敗だったように思えてきました。

       

      −−−−−

       

      一時間ほどやっていたら、腕も腰も疲れてきました。

       

      たかが一時間くらいで情けない話ですが、ひさしぶりのロングロッドフルキャストは鈍った体にこたえます。

       

      半ば心も折れかけて、もう諦めようかと思った頃に、運良くチャンスが訪れました。

       

      右側のテトラ際に張り付いていた先行者が帰っていったのです。

       

      本当はあそこでやりたかったんだよな〜っていうポイントが空きました。

       

      誰か他の釣り人に入られてしまわないうちに早々にテトラ際へ移動して、さぁ二回戦のスタートです。

       

      −−−−−

       

      ここでも最初はミノーから・・・とも考えましたが、とりあえずその時に付いていたルアーから。

       

      場所移動する時にたまたまセットしていた「ジグパラサーフ」でチェックしてみる事にしました。

       

      まずは正面にキャストして、次にやや斜め左側にキャストして、そして反対側の右斜め前へ。

       

      遠くではリフト&フォールやストップ&ゴーを繰り返し、ボトムから離れ過ぎないようにレンジキープ。

       

      手前のブレイクラインはノーアクションのただ巻きで、スピンテールのブルブルを意識しながらトレース。

       

      すると三投目の右寄りキャストで、テトラの裾野を横切るくらいのタイミングでガツン!!とヒットしました。

       

      ロッドの先に伝わってくるのは頭を上下にゴンゴンと振るような、いかにもヒラメらしい独特のファイト。

       

      魚体に受ける水の抵抗から察するに、ソゲクラスのサイズではない事が確信できる重量感。

       

      近場でのヒットが故に、ここは無理せず大事に取り込みたいと考えながら。

       

      近場でのヒットが故に、強引にでも一気に寄せるべきという考えが交差しながら頭を巡ります。

       

      時にはロッドを構えていなし、時にはリールを一気に巻き上げ、そして寄せる波に乗せながら水揚げ。

       

      今年の初ヒラメをめでたく確保する事ができました。

       

       

      手持ちのメジャーで測ってみると、ジャスト50センチのまあまあなサイズ。

       

      今季の初物としては充分なサイズです。

       

      なかば諦めかけた後の釣果だったので、なおさら嬉しい一匹でした。

       

      海の恵みに感謝です。

       

      ありがとうございました。

       

      −−−−−

       

      ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業中です。 定休日は毎週水曜日です。

      スポンサーサイト

       

      | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
      おとといのアオリイカはこんなふうにして釣りました
      0

         

        こちら焼津の海に限って言えば、今年のゴールデンウィークは例年以上にアオリイカが良く釣れていました。

         

        とくに石津浜をはじめとしたサーフエリアが好調で、酷い風雨とその影響に見舞われた一時を除けば、ほぼ毎日のように釣れていました。

         

        とはいえ休日の浜にはアオリイカ狙いのアングラーがズラリと並ぶわけですし、みんながみんな獲物を手にしているわけではありません。

         

        ゴールデンウイーク中に何度もサーフエギングにチャレンジしたけれど、結局アタリすらなかったという方も決して少なくはないでしょう。

         

        そんな方々がこのブログを見れば「本当にそんなに釣れていたのか?」と疑ってしまうと思います。

         

        あるいは「自分の釣り方が間違っているのか?」と心配になってくる方もいるかもしれません。

         

        でも、ご安心ください。

         

        春から初夏のサーフエギングは、そんなに難しい釣りではありません。

         

        このゴールデンウイーク中に釣れなかったのは、たまたまタイミングが合わなかっただけだと思います。

         

        そう信じて、そして気分を換えて、この週末こそリベンジ達成に挑んでみましょう。

         

        チャンスはまだまだこれからです。

         

        次回はあなたに良い釣果がありますように。

         

         

        ゴールデンウイーク最終日、5月6日の晩に仕事を片付けてからサーフエギングしてきました。

         

        定休日返上で休まず頑張って働いたのが報われたような、とても嬉しいご褒美をいただきました。

         

        と、そんな感じでいつもなら簡単に釣果報告するところですが。

         

        今日は店がヒマで時間に余裕があるので、この釣果に至るまでをあらためて振り返ってみたいと思います。

         

        −−−−−

         

        通称「石津の定置網」に到着したのが20時40分頃。

         

        連休最終日の夜だから釣り人が退けるのも早いのか、それとも今夜は釣況が悪かったのか、見渡すかぎり人影はまばらです。

         

        いつもなら先行者のいる定置網のワイヤーロープ際がたまたま空いていたので、その左側に入ってみました。

         

        まずは定番のez-Qマグキャストからフィッシングスタートです。

         

        風は南西3mの予報通り、右斜め後方からの追い風に乗ってエギもよく飛んで行きますが、たびたび南寄りの強い風に変わってラインを煽るので、けっして釣りやすいとは言えない状況です。

         

        しかし潮の流れは程好く左に効いているので、風の向きと相まってしゃくった時の手応えとエギから伝わる感触は鈍くありません。

         

        ただ、エギが着水する地点の潮流が緩いのか、あるいは沈下中にラインが風で大きく煽られるせいか、キャスト着底した後の最初のシャクリがフワフワしちゃってちゃんと動いていないような感じでした。

         

        なので今宵は遠くのエリアを半ば諦めて、いつもより手前側のエリアを丁寧に探ろうと、飛距離に関係なくいろんなエギをローテーションしながらアオリイカの機嫌を伺う事にしました。

         

        ところがエギを交換するたびに感じるのですが、海から上がってきたエギがひんやりと冷たいんです。

         

        つまり、エギが通過するコースの水温が低いという事ですね。

         

        すでにアオリイカの適水温は上回っているはずなので多少の水温低下なら影響は少ないかもしれませんが、しかし芳しくない状況である事には間違いありません。

         

        それに、もしも仮に手前側の潮と沖側の潮に温度差があって、そして手前側だけが冷たいとしたら。

         

        そのもしもが本当だったとしたら、このまま手前側をメインに探っているのは得策ではありません。

         

        そこで、エギを再び遠投タイプのez-Qマグキャストにチェンジして、斜め後方からの風に乗せてフルキャスト。

         

        でも相変わらずラインが風に巻かれて着底もよくわからないし、潮の流れもユルユルでハッキリしないしゃくり心地です。

         

        やっぱり今日はダメかなぁ・・・と少し諦め気分に傾いた時、遠くの潮がほんの少しだけ変わったような感じが。

         

        いくらか沖側に払い出す流れになったな・・・と感じた直後、アクション後のフォール中にモヤッとした感触が伝わってきました。

         

        なんか微妙な感じなので確信はなかったのですが、ためしに聞き合わせをしてみるとズーンと重たい物が引っかかりました。

         

        これはネガカリ?!・・・いや、ぐいーんぐいーんと引いてる引いてる。

         

        やっと待望のアオリイカに辿りつく事ができました。

         

        時刻は21時40分頃でしたから、約一時間ほど頑張った成果です。

         

        さて、これはいつもの事ですが、その日最初のアオリイカはどうしても以後のキャストの妨げになります。

         

        まずは獲物の写真を撮って、そしてイカ締めピックでとどめを刺して、用意しておいたスーパーバッグに収納して。

         

        もし同行者でもいたら釣れた時の様子などを状況説明したりと、キャスト再開までにはだいぶ時間がかかります。

         

        この時いつも思うのは、もし釣ったアオリイカをそのまま放って即座に再キャストしたら連発するのかという疑問。

         

        アオリイカの時合いがほんの短い一時だとすると、釣った獲物はとりあえず放置が得策なのかもしれません。

         

        事実この時もキャスト再開時には沖側の潮が緩くなってしまい、またフワフワしたしゃくり感になってしまいました。

         

        でも潮止まりの時間までにはまだ少しあるし、このまま続けていれば二匹目のチャンスがあるかも。

         

        と思いましたが、しかし休みなしで働き続けた老体には、そろそろこのあたりが自身の潮時です。

         

        石津浜でアオリイカが釣れる事もちゃんと確認できた事だし、今宵はそのまま帰る事にしました。

         

        この低気圧が過ぎ去って海が落ち着けば週末もきっと釣れるでしょうから、あとはお客さんにおまかせします。

         

        −−−−−

         

        ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業中です。 定休日は毎週水曜日です。

        スポンサーサイト

         

        | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |