無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
メバルポイント開拓のつもりがライトなフラットゲームに
0

    ■メバルポイント開拓

     

    春告魚(はるつげうお)とは文字通り「春を告げる魚」という意味を持ち、代表的な魚種としてメバルが挙げられます。

     

    つまり、季節的にはこれからが本格的なメバル釣りのシーズン到来という事ですね。

     

    そんな候を迎えるにあたり、新たなメバルポイントを開拓すべく調査に出掛けてきました。

     

    基本的な条件としては、まず立ち入り禁止ではない場所。

     

    そして、テトラポットに乗らなくても行ける場所から選びます。

     

    しかしそうすると、根回りを好む事が多いメバルの釣りポイントとしては限られてしまいますが。

     

    今回は、テトラポットの裾野に絡めそうなサーフにエントリーしてみました。

     

     

    ■予想外の獲物

     

    まず選んだルアーはテトラワークスシリーズのユラメキです。

     

    遠くまで飛ぶし存在感もアピール力も強いから、初めての場所を開拓調査するのにも適しています。

     

    目当てのテトラポットには電気ウキらしき灯りが見えたので、先行者がいると判断して離れた場所から調査開始。

     

    場所を移動しながらレンジを操作しながら、魚の反応や潮流の変化などを探っていきます。

     

    やがて、ユラメキがブレイクに差しかかったあたりでモゾモゾッという感じのハッキリしないバイトを感知。

     

    一呼吸おいて合わせると、けっこうな重量感とトルクの強い首振りファイト。

     

    何でも良いから姿だけは見たいと思い、ゆっくり大事に引き寄せて、寄せる波に乗せてなんとか陸揚げできました。

     

     

    メバル釣りの外道が全長50センチ超えのマゴチとは。

     

    マゴチの予感は多少ありましたが、このサイズは想定外でした。

     

    サーフの釣りはこういう意外な事件が突発的に発生するから、それがまた面白いですよね。

     

     

    ■やはりテトラにはいる

     

    しばらくすると先行者が帰っていったので大きく場所を移動。

     

    テトラポットの近くを、ユラメキが引っ掛からないように慎重にトレース。

     

    ここにはやっぱり魚がいたようで、ほんの数投で早々とヒットしました。

     

    ファイトの感じでメバルではないと判断しましたが、揚げてみたらやっぱりカサゴでした。

     

     

    その後も同じパターンで何匹かカサゴを追加して、そのまま続けていればまだ釣れそうでしたが。

     

    開拓調査の本命だったメバルは残念ながら一匹も釣れませんでした。

     

     

    ■サーフメバルの魅力

     

    メバルを釣るなら港内の方が一般的だし安定した釣果も期待できますが、しかしサーフの解放感もまた大きな魅力です。

     

    たとえば目当ての場所に先行者がいても、サーフは広いので移動しながら探りながら広範囲に楽しむ事ができます。

     

    陸から眺めただけではわからない地形の変化や潮流の変化や海藻の群生など、期待感の高まる要素が隠れているかも。

     

    そんな宝探し的なメバルゲームが、わりと簡単に楽しめるのもサーフの大きな魅力だと思います。

     

    −−−−−

     

    ■スポンサーサイト  

     

    ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業しています。 定休日は毎週水曜日です。

     

    | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: