迷いがないのが釣れる秘訣かも

昨日のブログでご紹介した、ニックネーム「三年ボウズ」さん。

今週もまた釣果報告を送ってくれました。

まずは大きなキビレチヌの写真から。

全長なんと48センチもあったそうです。

体高が見事なまでに張ったセッパリ魚体。

これはよく引いたでしょうね~。

大物確保おめでとうございます。

釣果報告ありがとうございました。

ニックネーム「三年ボウズさんのチニングには迷いがありません。

それもまた良い結果に結び付いているのかもしれないですね。

ルアーはケイテックのクレイジーフラッパー2.8"ほぼ一択。

カラーは101と519のみ。

ご来店の折にはいつもこの2色を補充されています。

ちなみに101は「グリーンパンプキンペッパー」というカラー。

バスフィッシングの定番カラーですが、チニングにも高実績です。

そして519は「エビミソレッドコパー」というカラー。

こちらはチニング用に追加されたスペシャルカラーです。

今回いただいた3匹の釣果は、すべてこの519カラーでした。

普段から濁り気味の水色に、さらに雨後の濁りが増したフィールド。

いかにも濁りに効きそうなこの色合いが良かったのかもしれません。

チニングを始めたばかりのお客さんからカラーセレクトのご相談をいただきますが。

デイゲームなら101を。

ナイトゲームなら519を。

とりあえずこの2色から始めてみるよう提案しています。

これが最善のカラーセレクトとは言いませんが。

これで釣ってくれるお客さんが多いのは事実です。

ご参考までに。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。