焼津の名手が次に挑む魚とは?

今日は、当店のブログにもたびたびご登場いただいているtataraさんをご紹介します。

思い返してみると、tataraさんとはもうずいぶん長い間のお付き合いになります。

毎年恒例の野尻湖ツアーも、毎回欠かさずご一緒させていただいてますし。

わざわざ休みを合わせて、浜名湖のガイドをしていただいた事もありました。

tataraさんは、一言で表現すると、とても釣りが上手な方です。

あらゆる情報を素早く的確にキャッチして、それらを探求しつつ実践に繋げています。

豊富な知識と情報をもとに、持ち前のセンスの良さでターゲットを追い詰めていきます。

いわゆる「理論派」でもあり、そして行動力のある「実践派」の一面も備えたアングラー。

その絶妙なバランスが良い釣果に結び付くんだなぁと、傍で見ていて強く感じます。

晩秋の焼津港でイナダ釣りに挑むtataraさん

私もこんな商売ですから、ルアー釣りの引き出しは多くあれと努めていますが。

しかしその引き出しは、狭くて浅いままに止まってしまう事が多くなりがちです。

しかしtataraさんの引き出しは、豊富で濃厚な内容に溢れている印象があります。

結果それが釣果をもたらすチャンスに繋がっていく、というわけなんでしょうね。

さて、そんなtataraさんが次に開ける新たな引き出しとは?。

じつは最近こんなルアー釣りにハマりつつあるようです。

とりあえず、お手持ちのライトゲームタックルを用意いただいて。

ルアーは、ハゼ釣り専用のクランクベイトを一つ託しました。

すると、開始早々すぐに釣ってしまいます。

そして、もっと釣れるための「何か」を探し続けます。

どんな要素を含んだ場所を攻めたら良いのか。

リトリーブスピードはこれで合っているのか。

なかなか乗らないバイトをどうやってフックアップさせるのか。

そもそもこのルアーにこのフックは適しているのだろうか。

専用ルアーの仕様にまで疑問を呈する、あくなき探求心。

早くも引き出しの中には様々な資料が蓄積され始めています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。