無料ブログ作成サービス JUGEM
それじゃ釣れないし そもそも掛からないし
0

    JUGEMテーマ:フィッシング

     

    フックの固い絆?

     

    ルアーのフックとフックが、まるで腕を組むかのように、仲良く繋がったまま帰ってくる事がたまにありますよね。

     

    そんな状態では魚がヒットしてもフッキングしにくいし、そもそもルアーがまともに泳いでいないから釣れないし。

     

    しかもフック同士が絡むと、これがなかなか外れにくい。

    手を添えて別離させてやらないと、別れようとしません。

     

    仲良きことは美しき哉…と先人はそうおっしゃいますが、できればルアーのフックには仲違いしてほしいものです。

     

    仲を裂くキャスト

     

    ルアーのフックとフックが仲良く繋がってしまう理由は、フック同士が近いという物理的な事情はもちろんですが、

     

    とはいえ投げるたびに必ず掛かるわけではありませんし、掛かりやすい時と掛かりにくい時があるんだと感じます。

     

    まず心当たるのは、やっぱりキャスト後の着水時ですね。

    ここで絡む事が多いんじゃないかと思います。

     

    フライ気味のキャストとかライナー気味なキャストとか。

    フェザーリングもしないで放り込むようなキャストとか。

     

    ルアーが着水する時の勢いでフックが絡んでしまうとか。

    そんな事情も少なからず関係していると思います。

     

    フック同士が近くて絡みやすいルアーをキャストする時は、できるだけスムースでソフトな着水を心掛けてみて下さい。

     

    たとえばほんの少しかもしれないけど、釣れるチャンスがきっと拡がるはずですよ。

     

    近寄らせない

     

    メジャークラフトの「ジグパラスロー」というメタルジグは、なんとも微妙なフック事情を抱えたルアーです。

     

    まず、フロント側のスプリットリングにスナップを繋げると、フロントフックとリアフックが干渉して頻繁に掛かります。

     

    そこで、フロントアシストフックの〇型リングに繋げると、フロントフックとリアフックの間が少しだけ遠くなります。

     

    ほんのわずかな間隔の違いだけなんですが、これでフック同士の絡みはほとんどなくなります。

     

     

    ちなみにこれはジグパラスロー30gだけの特別な事情で、

    ジグパラスロー40gならどちらに繋げても大丈夫です。

     

    by ルアーショップ・マスオカ 店長

     

    スポンサーサイト

    | マスオカ店長 | ルアー用品の話 | comments(0) | - |
    かなり極められたフラット専用メタルジグ
    0

       

      フラットフィッシュ専用設計

       

      ヒラメやマゴチがよく釣れるとか、そんな謳い文句を掲げるルアーは数々ありますが、

      そのためにどんな工夫がされているのかと問えば、これほどまでに突き詰められた物も少ないでしょう。

       

      あれもこれもいろいろ釣れるルアーです…じゃなくて、

      フラットフィッシュ専用という潔さにもグッときます。

       

      専用設計・その

       

      ゆるやかに反りかえった独特のボディデザインにより、テールを大きく振るワイドなウォブリングアクション。

       

      ルアーのジャンルとしてはあくまでメタルジグですが、ターゲットへのアピール力はケタ違いにパワフルです。

       

      専用設計・その

       

      メタルジグとしては幅の広いワイドボディデザインと、下面に施されたV字型のキールデザイン。

       

      ゆっくりとローリングしながらのフォールアクションは、他のルアーにはなかなか真似のできないアピールです。

       

      専用設計・その

       

      斜めにスパッとカットされたヘッド部分のデザインは、ロッドアクションにより水流を受けて跳ね上がります。

       

      短いストロークでも高くしっかりリフトさせる事により、その後のフォールアクションがさらに効果的になります。

       

       

      専用設計・その

       

      ボディ中央部にセットされたトリプルフックは、前方や下方からのアタックにもフッキング効果抜群です。

       

      スプリットリングで結合しているので取り外しも簡単です。

      好みや状況に応じて交換も取り外しも対応できます。

       

      専用設計・その

       

      テールにはキラキラ輝くフラッシャー付きトリプルフック。

      フォールスピードを抑えながらバランスも保持しています。

       

      フラッシャーのキラメキに惑わされたヒラメやマゴチの、バイトマーカーとしてフッキング率の向上にも効果あります。

       

      サイズとスペック

       

      全長58mm30gサイズには#8フック装着。

      全長65mm40gサイズには#6フック装着。

       

      by ルアーショップ・マスオカ 店長

       

      スポンサーサイト

      | マスオカ店長 | ルアー用品の話 | comments(0) | - |
      このルアーが釣れるとされるその理由とは
      0

         

        なぜ釣れるのか

         

        このメタルジグはよく釣れるという評判を聞くけど、いったいどうしてこのルアーは釣れるんだろう?。

         

        見た目たしかに他のメタルジグとは違うようだけど、その違いがどのようにして好釣果に繋がるんだろう。

         

        マドネス「シリテンジグ」の釣れる噂を耳にして、不思議に思っている方も少なくないと思います。

         

        小沼さんに聞くと

         

        プロアングラー小沼正弥氏と話す機会があったので、この疑問をストレートにぶつけてみました。

         

        「シリテンジグはどうして釣れるんですか?」

         

        すると小沼さんは「シリコンボディだから釣れる」と、逆ストレートな返答をいただきました。

         

        もちろんこれだけでは解決にもなにもなりませんので、その時の話の内容から要約して解説しますと、つまり…

         

        「シリテンジグ」は表面をシリコンコートされています。

        だから鉛のメタルジグに比べて表面が柔らかいんです。

         

        柔らかいと言っても、そんなフニャフニャではないし、ぐにゃぐにゃしたアクションで泳ぐのではありません。

         

        でも、固い金属でできたメタルジグが動く時の波動と、少し柔らかいシリコン素材が水を動かすその波動とは、水中での伝わり方も魚の感じ方も違うというわけです。

         

        魚は硬くないから

         

        フィッシュイーターがエサとしている小魚のボディは、金属やプラスチックのように硬くてカチカチではないし。

         

        かと言ってワームのようなソフトな軟らかさとも違うし。

        そういう観点ではシリコン素材が近いと言えるのかも。

         

        金属の鈎と金属のボディが当たる音も不自然なはずだし。

        ちょっとした違和感がもとで喰わない魚もいるだろうし。

         

        だからシリコンボディのルアーがよく釣れるというより、硬いルアーを嫌がる魚も釣果に繋げるチャンスがあると。

         

        つまりそういう理由なんでしょうね。

         

         

        魅力的な限定色

         

        人気の定番色をベースにオリジナルアレンジ。

        ツネミブランド有頂天カラーが限定発売されました。

         

        ■サンライズチャート(写真左)

        ■ダブルグローキャンディ(写真中)

        ■ピンクゴールド(写真右)

         

        by ルアーショップ・マスオカ 店長

         

        スポンサーサイト

        | マスオカ店長 | ルアー用品の話 | comments(0) | - |