無料ブログ作成サービス JUGEM
そのタチウオはリリースしたら本当にリリースになるの?
0

     

    日曜日の晩は、人気の釣り場が意外と穴場になったりします。

     

    みなさん明日の仕事を思って早めに切り上げるようで、静かなナイトゲームがゆっくり楽しめます。

     

    とはいえ時合いを逃した後だったり、さんざん叩かれた後だったりと、容易ではない事も多々ありますが。

     

    それでも最近の港内タチウオの釣況なら、集中して挑めば1匹くらいはなんとかなります。

     

    この日の晩もちょっと時間はかかりましたが、いつものワインド釣法でなんとか水揚げできました。

     

     

    釣れたタチウオは、たまたま通りかかったエサ釣り師にプレゼント。

     

    「え〜!!もったいない」とか言われそうですが、前夜に釣ったタチウオがまだ冷蔵庫に残っているので。

     

    リリースしようにも魚体の銀箔が地面に擦れて傷んでしまったのでリリースにはならないかと思って。

     

    なんでも擦れて傷んだ個所から細菌が入って死んでしまうらしいので。

     

    けど実際タチウオの生還率ってどのくらいなんでしょうか。

     

    地面で暴れて傷んだ魚体では、再び海に戻してもリリースにはならないんでしょうか。

     

    ネットで調べると「空気に触れただけでダメ」とか、かなり厳しい見解もあるようですが。

     

    実際のところどうなのか、どなた教えていただけませんか。

     

    −−−−−

    ルアーショップ・マスオカははただいま朝10時から夜8時までの営業となります。

    定休日は毎週水曜日です。

     

     

    スポンサーリンク

     

    | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
    「行けば必ずタチウオ釣れる」の状態をなんとか継続中
    0

       

      昨夜の釣果です。

       

      週末で混んでるかなと思ったけど、さすが不人気ポイントだけあって空いてました。

       

      それなら、とワインド釣法でタチウオチャレンジ。

       

      まずは20時50分頃にファーストヒット。

       

      最初の引き込みにロッドを構えて耐えていると、プツッという感じでフックアウト。

       

      ラインはピンッと張っていたので、フックが抜けたのではなく身切れしたような外れ方でした。

       

      もしかしたらボディにスレ掛かりしていたのかもしれません。

       

      その後は幾度か小さなアタリを感知したものの、フックアップできないまま約30分が経過。

       

      そして21時20分頃にようやく2発目のヒット。

       

      けっこう引いたので少し焦りましたが、これは速やかに水揚げする事ができました。

       

       

      写真を撮ってから獲物をキープしようとしたら、手提げのポリ袋が見当たりません。

       

      このところの連釣続きで、バッグに用意しておいた持ち帰り袋が尽きてしまいました。

       

      仕方がないのでワニグリップでタチウオを掴んだままぶら下げて車まで戻りました。

       

      なんだかカッコ悪い姿ですが、でもワニグリップがあっただけでも良かったです。

       

      ちなみに、ホルスター付きのワニグリップも売ってます。

       

      −−−−−

      ルアーショップ・マスオカははただいま朝10時から夜8時までの営業となります。

      定休日は毎週水曜日です。

       

       

      スポンサーリンク

      | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
      この夏ルアー釣りを始めてみたいという方へ
      0

         

        まず簡単です

         

        投げて巻くだけの釣りだから初心者にも最適です。

         

        釣りを始めたばかりのお子さんでも、

        釣りをやった事のない女性の方でも、

         

        とりあえず前に投げてリールを巻く事ができれば、なんとかなります。

         

        そしてお手軽です

         

        高価な専用タックルは必要ありません。

        竿とリールと糸と、そしてルアーがあればOKです。

         

        最近では専用のルアーも売り出されていますが、竿やリールは他の釣り用の物との兼用で充分です。

         

        ルアーは3グラム前後の小さくて軽い物が多いので、そんなルアーが扱いやすい道具から選んでください。

         

        他にはとくに必要な物はありませんが、もし用意できたら偏光サングラスがあると便利です。

         

        これが釣れます

         

        ハゼが釣れます。

        釣りをしない方でも、名前くらいはご存知ですよね。

         

         

        愛嬌のある顔をした、なかなかカワイイ魚です。

        その姿を見ると、飼ってみたいと思うかもしれません。

         

        でも、食べるととてもおいしい魚です。

        天ぷらにして食べると、きっとまた釣りたくなりますよ。

         

        ここで釣れます

         

        まずはあたりまえですが、ハゼがたくさんいる場所です。

        場所は釣具屋さんや釣り人に教えてもらいましょう。

         

        そして水深が浅いところ。

        目安としては水深1メートルより浅いところ。

         

        水底が見えるくらい浅いところで釣ります。

         

        こうやって釣ります

         

        ルアーを投げて、リールを少しゆっくりめに巻きます。

        水底にコツコツ当たりながら泳ぐくらいのスピードです。

         

        ただこれだけで釣れます。

         

        ルアーが泳いでるその後ろを、しっかり見てください。

        ハゼがルアーを追うように後ろからついてくるはずです。

         

        ついてくるけど釣れないなら、同じ所で投げ続けます。

        一匹もついてこないようなら、別の場所に移動します。

         

        アタリは明確で、ブルブルッという感触が伝わってきます。

        そしたら竿を立てて、少し早目に巻き取ります。

         

        こんなかんじで釣ります。

         

        もちろん餌いらず

         

        もしも餌で釣るとしたら、ミミズのような虫エサです。

        ルアー釣りなら、そんなものに触らなくても釣れます。

         

        生き餌は釣りに行く毎に用意しなくてはいけませんが、ルアーならいつでも何度でも繰り返し使えます。

         

        無くしたり壊したりしなければ、とても経済的です。

        それにルアーで釣った方が、絶対に楽しいと思います。

         

        あくまで主観ですが・・・

         

        by ルアーショップ・マスオカ 店長

         

        スポンサーサイト

        | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |