無料ブログ作成サービス JUGEM
メバルポイント開拓のつもりがライトなフラットゲームに
0

    ■メバルポイント開拓

     

    春告魚(はるつげうお)とは文字通り「春を告げる魚」という意味を持ち、代表的な魚種としてメバルが挙げられます。

     

    つまり、季節的にはこれからが本格的なメバル釣りのシーズン到来という事ですね。

     

    そんな候を迎えるにあたり、新たなメバルポイントを開拓すべく調査に出掛けてきました。

     

    基本的な条件としては、まず立ち入り禁止ではない場所。

     

    そして、テトラポットに乗らなくても行ける場所から選びます。

     

    しかしそうすると、根回りを好む事が多いメバルの釣りポイントとしては限られてしまいますが。

     

    今回は、テトラポットの裾野に絡めそうなサーフにエントリーしてみました。

     

     

    ■予想外の獲物

     

    まず選んだルアーはテトラワークスシリーズのユラメキです。

     

    遠くまで飛ぶし存在感もアピール力も強いから、初めての場所を開拓調査するのにも適しています。

     

    目当てのテトラポットには電気ウキらしき灯りが見えたので、先行者がいると判断して離れた場所から調査開始。

     

    場所を移動しながらレンジを操作しながら、魚の反応や潮流の変化などを探っていきます。

     

    やがて、ユラメキがブレイクに差しかかったあたりでモゾモゾッという感じのハッキリしないバイトを感知。

     

    一呼吸おいて合わせると、けっこうな重量感とトルクの強い首振りファイト。

     

    何でも良いから姿だけは見たいと思い、ゆっくり大事に引き寄せて、寄せる波に乗せてなんとか陸揚げできました。

     

     

    メバル釣りの外道が全長50センチ超えのマゴチとは。

     

    マゴチの予感は多少ありましたが、このサイズは想定外でした。

     

    サーフの釣りはこういう意外な事件が突発的に発生するから、それがまた面白いですよね。

     

     

    ■やはりテトラにはいる

     

    しばらくすると先行者が帰っていったので大きく場所を移動。

     

    テトラポットの近くを、ユラメキが引っ掛からないように慎重にトレース。

     

    ここにはやっぱり魚がいたようで、ほんの数投で早々とヒットしました。

     

    ファイトの感じでメバルではないと判断しましたが、揚げてみたらやっぱりカサゴでした。

     

     

    その後も同じパターンで何匹かカサゴを追加して、そのまま続けていればまだ釣れそうでしたが。

     

    開拓調査の本命だったメバルは残念ながら一匹も釣れませんでした。

     

     

    ■サーフメバルの魅力

     

    メバルを釣るなら港内の方が一般的だし安定した釣果も期待できますが、しかしサーフの解放感もまた大きな魅力です。

     

    たとえば目当ての場所に先行者がいても、サーフは広いので移動しながら探りながら広範囲に楽しむ事ができます。

     

    陸から眺めただけではわからない地形の変化や潮流の変化や海藻の群生など、期待感の高まる要素が隠れているかも。

     

    そんな宝探し的なメバルゲームが、わりと簡単に楽しめるのもサーフの大きな魅力だと思います。

     

    −−−−−

     

    ■スポンサーサイト  

     

    ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業しています。 定休日は毎週水曜日です。

     

    | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
    こんなデカイのを初めて釣って次の目標が見えてきた
    0

      ライトソルトの釣り歴もだいぶ長い方ですし。

       

      港内カマスもそれなりの数を釣ってはいますが。

       

      でっかいヤツは釣った事がありませんでした。

       

      それが昨日。

       

      ようやく念願が叶いまして。

       

      全長38センチと35センチの大きなカマス。

       

      「ぶるぶる」で釣らせていただきました。

       

       

      週に一度の休業日。

       

      まだ陽の高い時間から港内をウロウロ。

       

      15時頃には釣り場を決めて。

       

      まずは「ぶるぶる」からスタート。

       

      アタリは時々あるけど、なかなかヒットに至らない。

       

      そこでルアーを替えながら、いろいろ試してみると。

       

       

      その正体は、やっぱりメッキアジでした。

       

      「スパーク55」と仮称「パチ専ダートヘッド」

       

      バイトの数は変わらないけど、ヒット率は急上昇。

       

      誘い上げてからの落とし込みが効果的だったのかも。

       

      何匹か釣ったところで、ふと思い付いたのは。

       

      「ぶるぶる」でも同じ事をやれば良いんじゃないかな。

       

      まずは一旦ボトムまで沈めて。

       

      ぶるぶるっという振動を感じながらしゃくり上げて。

       

      張らず緩めずなラインテンションでフォール。

       

      するとガッツリ食ってきました。

       

      この日一番の大物でした。

       

       

      やがて日も暮れて、メッキの反応も少なくなってきて。

       

      狙う獲物をカマスに変更。

       

      「ぶるぶる」を投げて、沈めて、あとはただ巻くだけ。

       

      狙う獲物は違っても、やっぱり最初はこれからです。

       

      やがてカツッという感じの、明確だけど小さなアタリ。

       

      引き続き同じコースを引くと、今度はガッツリとバイト。

       

      なんとかヒットに持ち込み、水揚げできました。

       

       

      時刻は17時15分。 今日はまだ釣れそうな感じがする。

       

      引き続き「ぶるぶる」をキャスト&リトリーブ。

       

      時々アタリはあるんだけど、なかなか掛からない。

       

      やっと掛かったと思ったら、痛恨のアックアウト。

       

      そんなこんなで20分ほど時間が過ぎて。

       

      そしてようやく。

       

      全長38センチの大物を確保しました。

       

       

      これはもうJK(ジャンボカマス)と言っても良いかな?

       

      いや…40超えなきゃジャンボじゃないという声もあるし。

       

      とりあえず自己記録の更新という事で区切りをつけて。

       

      そして次の目標に全長40センチオーバー確保を掲げ。

       

      そのためにやるべき事を本気で考えています。

       

      −−−−−

       

      ■スポンサーサイト  

       

      ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業しています。 定休日は毎週水曜日です。

       

      | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
      サーフのルアー釣りはこういう事があるから面白い
      0

         

        昨日の朝は寒かった〜

         

        冷たい風がビュービュー吹き荒れて、体感温度も急降下。

         

        しかも狙いのフラットは反応なしで、挫けそうなほどにつらい朝でした。

         

        やがて伊豆半島の向こう側から朝日が顔を出してからは救われましたよ。

         

        風はあいかわらず強く冷たいけど、太陽の暖かさが本当に嬉しく感じます。

         

         

        さて、釣果の方ですが。

         

        キャスト&フォールしたメタルジグをシャクリ上げていたら、何かがヒットしました。

         

        重量感はないけど小気味の良い引きと走りは、これはたぶんメッキアジだな。

         

        そんな予想を立てながら浜辺に引き揚げてみると・・・

         

        あれ?、メッキじゃなくてアジ釣れた?

         

        いや!、でもなんか違うよこのアジ!

         

         

         

        撮った写真と魚図鑑のいろんなアジを見比べながら調べてみたところ。

         

        おそらく「オニアジ」という結論に至りましたが、さていかがでしょうか。

         

        いずれにしても、生涯で初めての魚種との対面という事になりましたわけで。

         

        これもまたサーフのルアー釣りの面白さでもあり、楽しさでもあります。

         

         

        さて、その後はしばらく沈黙が続いていましたが。

         

        やがて水面近くに時折なにかしらの気配が感じられるような。

         

        そこでメタルジグをシャローレンジで誘ってみると、何かがヒットしました。

         

        でもこれが何なのかは、だいたい予想がついています。

         

        釣れ方やファイトや、そして最近の釣況から判断すれば、たぶんあの魚だな。

         

        そんな事を考えながら浜に引き揚げてみたら、ほらやっぱりサゴシでした。

         

         

        釣って楽しいのはもちろんですが、食べて美味しいのもサゴシの魅力です。

         

        釣れたサゴシを見ながらまず思うのは、さてどうやって食べようかな・・・。

         

        今季はじめてのサゴシ釣果から、いろいろな妄想が膨らんできます。

         

        これもまたサーフのルアー釣りの面白さでもあり、嬉しさでもあります。

         

         

        サゴシをもっと釣りたくて(食べたくて?)、引き続きチャレンジするも反応なし。

         

        レンジが変わったかもしれないと思い、中層からボトムまでを幅広くチェック。

         

        するとやっぱり、ボトム近くのレンジでヒット。

         

        美味しい食材追加の期待に最初のうちは全く気にも留めなかったのですが。

         

        いざ近くに寄せてくると、なんだかサゴシとはまた違うような感じがしてきて。

         

        とはいえ躊躇してバラすのも嫌なので、ここは一気にエイッ!!と水揚げ。

         

        やりとりをした相手は全く予想だにしていなかったメッキアジでした。

         

         

        最初のヒットをメッキアジと予想しながら、なぜ本物は的中できなかったのか。

         

        それはこのメッキアジが、とても大きくて重くて強い引きだったからなんです。

         

        こんな大きなメッキアジはひさしぶり、というか焼津で釣るのは初めてかも。

         

        というわけで今回のサーフは初めての出来事いろいろな釣果づくしでした。

         

        これもまたサーフのルアー釣りの面白さでもあり、そして感動でもあります。

         

         

        ちなみに3魚種のヒットルアーは、すべて「ギャロップ」の30gでした。

         

        ギャロップシリーズも各種バリエーションが充実してきたようですが。

         

        やっぱり元祖オリジナルモデルが最も活躍してくれると思っています。

         

        あくまで個人の釣果データと勝手な感想ですが。

         

        −−−−−

        ■スポンサーサイト

         

         

         ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業しています。

        定休日は毎週水曜日です。

        | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |