無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
小さな白い塊をそーっと落として岸壁のクロダイを釣る
0

    昨日の休業日は焼津の川と焼津の港でクロダイゲームをしてきました。

     

    それぞれ1匹づつですが、どちらにも本命の釣果があって嬉しい一時でした。

     

    そこで今日のブログでは、夕方チョイの間に挑んだ港内岸クロゲームのお話を。

     

    お知らせしたい情報も含めて、詳しくご案内しようと思います。

     


    港内のクロダイがわりと活発で釣況も良くなっているという情報を聞きました。

     

    なのでイガイ型ルアーの「落とし貝R」を護岸沿いに落として狙ってみようかと。

     

    ところがここ最近の情報によると、フジツボを食べているクロダイが多いそうです。

     

    いや、でも岸壁で貝をつついている黒鯛に貝のルアーを落とし込むのだから。

     

    それがイガイでもフジツボでも、どっちでも喰うんじゃないかと。

     

    たいして釣ってもいないくせに、そんな安易な考えで片付けそうにもなりましたが。

     

    やはり思い直して、鈎も結び直して、「フジツボっち」をセットして挑む事にしました。

     

    −−−−−

     

    いざ落としてみると「フジツボっち」は「落とし貝R」よりもゆっくりと沈んでいきます。

     

    微細な波動を伴いながら、ユラユラと漂うように沈んでいく「フジツボっち」アクション。

     

    わりとすんなりと沈んでいく「落とし貝R」とは、明らかに異なるアピールで誘います。

     

    どうやらこの2つのルアーは、ただ単に色や形が違うだけではないようです。

     

    食べてる貝の違いだけじゃなく、釣場のいろんな状況やクロダイの状態によって。

     

    風の強さや潮の流れなども含め、その場に応じた使い分けが大切になるでしょう。

     

     

    護岸の際から少し手前で足を止め、竿先を伸ばしてそーっと岸壁沿いに落とし込む。

     

    50センチほど沈んだあたりで垂直に垂れていたラインがスッと横に引かれたような。

     

    これを見てロッドの先を振り上げると、ネガカリとは違うズシッと重みのある感触。

     

    すかさず前へ歩を進め、ロッドを持つ手を前に伸ばして魚を岸壁から引き離します。

     

    岸壁の凹みや海底の石積みに入り込まれたらラインが擦られて切れてしまいます。

     

    できるだけラインは出さないように、ロッドの弾力と腕の力でぐっと堪えます。

     

    やがて力尽きて上がってきたクロダイでしたが、この後さらに2度の強い突っ込み。

     

    浮いたら浮いたで水面をバタバタと激しく叩き、なかなかの暴れっぷりでした。

     

    おとなしくなったところで玉網をスタンバイして、そっと静かにランディング。

     

    おそらくフジツボを食べているであろうクロダイを、しかと仕留める事ができました。

     

    −−−−−

     

    ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業中です。 定休日は毎週水曜日です。

    スポンサーサイト

     

    | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: