無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
冷たくてシャリシャリで新しい美味しさ
0

     

    フローズンヨーグリーナ

     

    まずは冷凍庫で凍らせて。

    冷凍庫から出して少し溶かして。

     

    ほどよく溶けてきたらペッボトルを振ってほぐして。

    シャリシャリなフローズンヨーグリーナの出来上がり。

     

    ・・・のはずだったんですが、なんか上手くできなくてガッカリでした。

     

    溶けかかってきたところでシャカシャカと振ったんですが、凍ったままの部分がなかなか頑固でまったくほぐれません。

     

    一生懸命振ってたらますます暑くなってきて、もう我慢できなくなって溶けてる先から飲んじゃうから、

     

    氷の固まりはますますほぐれにくくなっちゃうし・・・

    飲んでるうちにだんだん薄味になってきちゃうし・・・

     

    けっきょく全部溶かして飲んじゃいました。

    最後の方はもうほとんど水でしたね。

     

    フローズン再チャレンジ

     

    失敗の原因は、たぶん溶け具合がほどよくないんでしょうね。

    そこで、タイミングを冷静にチェックしながら再チャレンジ。

     

    仕事中の傍らに凍ったヨーグリーナを待機させておいて、溶け具合をチェックしながらこまめにフリフリシェイク。

     

    だけどやっぱり氷の塊はなかなかシャリシャリにならず、力を込めて振り続けても、ほぐれぬ氷に虚しくなるばかり。

     

    結局のところほどよいタイミングを掴めないまま溶けきって、冷たくておいしい普通のヨーグリーナでいただきました。

     

    フローズン逆転の発想

     

    検索サイトで「ペットボトル」「シャーベット」と打ち込むと、いろいろ出てきますが具体的な解決策には辿り着けないまま。

     

    そんな中で一つだけ、試してみたくなる作り方がありました。

    それは凍らせる過程でシャーベット状にするという方法です。

     

    これはつまり「過冷却」という現象を利用した作り方ですね。

    以前テレビで見た時の事を思い出しました。

     

    では作ってみましょう。

    まずは普通にペットボトルを冷凍庫に入れてしばらく待機。

     

    そして、まだ凍ってはいないけどキンキンに冷えた頃合いに、冷凍庫から出して振ると、あっという間にシャーベットに。

     

    しかもシャーベット状に凍ったのは、だいたい半分くらい。

     

    あまり凍りすぎるとペットボトルの口でつっかえそうだし、薄めのシャビシャビ状態が飲みやすくてちょうど良いです。

     

    ほどよいシャリシャリ感を味わいながら、キンキンに冷えた美味しいヨーグリーナ。

     

    やっといただく事ができました。

     

    ※写真はイメージです

     

    フローズンを外で飲みたい

     

    上手くできたし美味しくいただく事もできたのですが、でもこれだと冷凍庫のある自宅でないとできませんね。

     

    凍ったヨーグリーナを持って釣りに行くとか、ほてった肌を冷ましながら溶けるのを待つとか、

     

    やっぱりアウトドアでフローズンを楽しみたいので、あらためて最初からやり直しになりそうです。

     

    今の自分がもし学生だったとしたら、これは良い自由研究のテーマになったかもですね。

     

    by ルアーショップ・マスオカ 店長

     

    スポンサーサイト

    | マスオカ店長 | 美味しくいただきました | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: