無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
信州野尻湖から港町焼津へ(復路編)
0

    JUGEMテーマ:フィッシング

     

    居眠り運転に注意

     

    野尻湖では午後4時までボートで釣りができるのですが、

    あまり遅い時間になると大変なので早めに切り上げます。

     

    午後2時頃に桟橋に戻り、早々に後片付けを済ませて、

    2時半頃には準備も整い、帰路につく事となりました。

     

    帰り道は自ら志願してハンドルを握り、

    とりあえず行ける所までがんばります。

     

    お茶を飲んだりガムを噛んだりしながら眠気を払いのけ、

    それでも眠くなっちゃったら早め早めに休憩エリアへ。

     

    同乗者の大切な命を預かっているという強い意識で、

    とにかく安全な運転と適切な対処を心がけてまいります。

     

    眠気スッキリシート

     

    「これで顔を拭くとさっぱりして気持ち良いですよ」

    そう言って渡されたのが、刺激強めな汗拭きシート。

     

    これ、ウチにもあるし夏はちょくちょく使っているけど、

    いつも体の汗を拭くだけで顔を拭いた事がなかったぁ。

     

    一枚もらって拭いてみると、火照った顔がクールダウン。

    やや訪れかけた睡魔の誘いも、一気に跳ねのける爽快感。

     

    なるほど、これは効きますねぇ。

     

    ちょっと瞼が重くなってきたら、これでササッとひと拭き。

    幾度か繰り返しているうちに、すっかり眠気が解消しました。

     

    しかしこのシートに染み込んだ刺激の強めな洗浄液。

    これが目に入ったら開けられなくなりそうで心配です。

     

    目の周りを拭く時には、くれぐれも慎重に。

     

    諏訪湖SAで早めの夕食

     

    4時すこし前に諏訪湖のサービスエリアに到着しました。

    とりあえずここまでのお役目完了で気持ちも一段落です。

     

    お腹も空いてきたのでフードコートで早めの夕食。

    迷った末に選んだメニューは温玉と山かけの冷たいお蕎麦。

     

    温かいんだか冷たいんだか判りにくいネーミングですが、

    キンッと冷たい喉越しで体の中もスッキリした気分です。

     

    諏訪湖のサービスエリアは上りも下りも蕎麦が美味しくて、

    野尻湖釣行の際はこれをいただくのも楽しみの一つです。

     

     

    後部シートで爆睡

     

    運転を代わってもらって3列目のシートでゆったりすれば、

    すぐに眠気に誘われて、その後しばらく記憶が途切れました。

     

    たぶんいびきをかいて爆睡してたんじゃないかな。

    ご迷惑をお掛けしてたらホントすみませんでした。

     

    次に目を覚ましたのは中部横断道も終点間近というあたり。

    陽も落ちて辺りもだんだん薄暗くなってくる夕暮れ時です。

     

    ここから先はオーナーさんが焼津まで運転してくれるそうで。

    そのお言葉に甘えさせていただいて、そのまままたひと眠り。

     

    というわけで、すっかり楽させてもらっちゃいました。

    みなさん本当にありがとうございました。

     

    交通費を清算

     

    前日の出発前にガソリンスタンドでタンク満タンにして、

    帰着時にまた満タンにして使った燃料代を実費で算出。

     

    高速道路代はETCの記録をチェックしてすべてを合算。

    燃料代と合わせて合計16,297円かかった計算になります。

     

    これを参加者5人で割ると、一人当たり約3,260円ほど。

    皆の了承を得て、切れの良い金額で3,500円づつの徴収。

     

    車を出してくれたTさんには洗車代くらいのお礼ですが、

    快く受け取っていただきました。

     

    まことにあつかましいのですが、できたら来年も。

    ぜひよろしくお願いしますね。

     

    by ルアーショップ・マスオカ 店長

     

    スポンサーサイト

    | マスオカ店長 | 美味しくいただきました | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: