無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
風が冷たくてメチャ強いけど釣れるからやめられなくて
0

    用事を済ませて大井川港に到着したのが午後4時を過ぎた頃でした。

     

    強い風は覚悟していたけど、予想以上に激しく吹き荒れています。

     

    これじゃルアーを投げてもフワフワしちゃって何やってるんだかわからなくなりそうだし。

     

    投げずに足元へ落としてしゃくるだけのマイクロワインド釣法で攻めてみる事にします。

     

    「スパーク55」「パチ専ダートヘッド」にセットして、護岸沿いにスルスル〜と落とし込み。

     

    ボトムに着いたらベールを返して、ハンドルをクルッと一回転。

     

    ルアーがピョンピョン跳ねるイメージで、ロッドティップをチョーンチョーンと弾くように。

     

    とりあえずリールは巻かずに、同じレンジを保ったままでの連続ダートアクション。

     

    アタリがないのでレンジを変えようと思ったその時、ルアーに何かが触れた感触が。

     

    引き続きそのまましゃくり続けていると、ロッドティップをガツッと抑え込むようなアタリ。

     

    何かがヒットしました。

     

    なかなかのパワーでロッドをぐいぐい引き込みます。

     

    やがて水面に姿を見せた魚体を見て、ニベと確認。

     

    抜き上げられそうなサイズだったので、バットの弾力を利用してリフトアップ。

     

    全長30センチに少し欠けるくらいのニベでした。

     

     

    それじゃ今日はニベ釣りという事で、同じパターンで2匹目を狙いますが。

     

    連発するようでもありません。

     

    これがメッキアジなら、回遊ポイントで待ち伏せて釣るのも良策でしょうが。

     

    そもそもニベがどんな習性でどんな行動をするのかよくわかりませんし。

     

    そこで試しに少しだけ横移動して、そして同じように護岸添いに落とし込むと。

     

    着底直後の最初のワンアクションに何かが干渉してきます。

     

    もしかしたら…と思ってそのまま同じレンジを保ったまましゃくり続けていると。

     

    やがてガツンッという感触でニベがフックアップしました。

     

     

    これでほぼ確信する事ができました。

     

    というわけで、その後は小移動しながら同じパターンに徹して釣果を重ねます。

     

    風は相変わらず強くて冷たいけど、だんだん面白くなってきてやめられません。

     

    しかも、アタリはたくさんあるのになかなかフックアップしなかったり。

     

    やっと鈎掛りしても、なんか身切れでもしたようにプンッと外れてしまったり。

    そんな事が多いので、なおさら熱中してしまいます。

     

     

    煮付けにしていただこうと思って2匹お持ち帰りしてきました。

     

    でもそんな時に限って晩のおかずに別の魚が用意されていたりして。

     

    これもまた、わりとありがちなパターンです。

     

    −−−−−

     

    ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業しています。 定休日は毎週水曜日です。

     

     

    スポンサーサイト

    | マスオカ店長 | ルアー釣りの話 | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: