無料ブログ作成サービス JUGEM
いままで食べずにリリースしていたのを後悔する美味しさ
0

     

    港内マイクロゲームで釣った小サバは、いつもキャッチ&リリースでしたが。

     

    ためしに食べてみようと思い、持ち帰って調理してみた話を書いてみます。

     

    小さなサバとはいえ、焼津で水揚げされたばかりの新鮮なサバですし。

     

    まさか不味いという心配はないでしょう。

     

    脂ノリノリではないものの、味そのものには間違いないはずです。

     

    鯖は足が早いと例えられるように、死んでしまうと腐りやすい魚です。

     

    釣ったら氷水で絞めて、帰ってからはすぐに冷蔵庫へ。

     

    そしてあまり時間を空けずに、早めに調理に取り掛かります。

     

     

    まず思いついたのが、から揚げか素揚げ。

     

    揚げたてにパラパラッと塩をまぶしてアツアツをパクリ。

     

    よし!それでいこう。

     

    ただ、気になったのが小サバの骨。

     

    豆鯵や小鰯だったら頭から丸ごとOKなんですが。

     

    サバの丸揚げは初めてなので、最初ちょっと心配でした。

     

    とはいえ小鰯よりも小さなサイズのサバですし。

     

    少しくらい骨が硬かったとしても、食べ辛いほどではないはず。

     

    いちおう念のため頭は取って調理する事にしました。

     

     

    いざ捌こうとしたら、思いのほかヌルヌルしていてやりにくい。

     

    イワシは鱗があるけど簡単に取れるし、捌くのも楽だったけど。

     

    サバはまずこのヌメリを取ってから調理した方が良さそうです。

     

    ボウルに戻して塩をまぶして、手でモミモミしながらヌメリ取り。

     

    硬くて小さな棘があるようで、手指にチクッと刺さる感じがあります。

     

    気になる人は手袋をしてからやった方が良いでしょう。

     

    頭を落として内臓も一緒に抜いて、流水で洗い流して準備完了。

     

    水を切ってからカタクリ粉をまぶして、油でジュ〜ッと揚げます。

     

    揚げてる最中からとっても良い香りで、思わず喉が鳴りだしちゃう。

     

     

    いやこれは美味い!! 想像していた以上の美味しさです。

     

    気になっていた骨の異物感も、まったく気にならない。

     

    ためしに1匹だけ頭を残してみたけど、むしろカリカリして良い食感。

     

    これはもう、アジやイワシと食べ比べても遜色ありません。※個人の感想です

     

    いままで食べずにリリースしていた事を、ちょっと後悔しました。

     

     

    ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業しています。 定休日は毎週水曜日です。

    | マスオカ店長 | 美味しくいただきました | comments(0) | - |
    ヒラメはお刺身が美味しいけど炊き込みご飯もまた旨し
    0

       

      タチウオの炊き込みご飯を作ってから、あれからずっと考えていた事があります。

      ヒラメを炊き込みご飯にしたら、さぞかし美味しいだろうな〜って。

      まず半身をお刺身にして…そして残り半身を炊き込んで…なんて妄想していたら。

      なんと運良くメインの食材が、しかもなかなかの良型が手に入りました。

      というわけで今回はヒラメの炊き込みご飯にチャレンジです。




      スマホで「ヒラメの炊き込みご飯」と検索して、最初に出てきたレシピで調理開始。

      まずは材料と作り方の記載を一通り読んで、おおよその調理の手順をイメージ。

      料理に不慣れな初心者には、ここ大事です。


      ■材料

      ・お米4合

      ・にんじん小1本(3cmくらいの細切り)

      ・えのき1/2束(3cmくらいに切る)

      ・しょうゆ大さじ4〜5(今回は5杯で)

      ・みりん大さじ4

      ・酒大さじ2


      ヒラメ以外の材料は、書いてあった通りに用意しましたが。

      直前になってふと思い付き、きざみしょうがを少しだけ追加しました。




      まずはお米を研いでから、今回はざるに入れてしばらく放置。

      ヒラメはお酒に5分ほど浸け置くのがポイントらしい。(臭み取り)

      炊飯器の釜にお米と調味料を入れて、適量になるように水で調節。

      それからにんじんとえのきを入れて、軽くかき混ぜて馴染ませて。

      その上に柵取りしたヒラメを並べるように置いてから炊飯スタート。

      さて、うまくできるでしょうか。




      スイッチを入れたら、あとは炊き上がるまで待つだけです。

      途中で味見をしたりとか調整したりとかはできません。

      だから最初のうちは信頼できるレシピに忠実に、そして正確に。

      ここが大切です。

      とか言いながらも、レシピにはない生姜を入れてしまいましたが。

      けど生姜の香りが良いアクセントになって、結果的にはOKでした。




      炊き上がってフタを開ける、ワクワクでドキドキな一瞬です。

      立ち昇る芳醇な湯気に包まれながら、ザクザクとかき混ぜて。

      ちょっとだけつまんで味の確認。

      ほおばったその瞬間、フッと顔が緩んでしまいます。

      とっても美味しい炊き込みご飯が出来上がりました。




      炊き込みご飯の時は、食べきれないくらいたくさん作ります。

      翌日の宵冷ましの炊き込みご飯が、これがまた美味なんです。

      そのかわり調理をミスると大量の食べ残しになりかねません。

      だから炊き込みご飯は絶対に失敗できないメニューです。

      心して取り掛かりましょう。

      −−−−−

      ■スポンサーサイト

      ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業しています。

      定休日は毎週水曜日です。

       

      | マスオカ店長 | 美味しくいただきました | comments(0) | - |
      冷たくてシャリシャリで新しい美味しさ
      0

         

        フローズンヨーグリーナ

         

        まずは冷凍庫で凍らせて。

        冷凍庫から出して少し溶かして。

         

        ほどよく溶けてきたらペッボトルを振ってほぐして。

        シャリシャリなフローズンヨーグリーナの出来上がり。

         

        ・・・のはずだったんですが、なんか上手くできなくてガッカリでした。

         

        溶けかかってきたところでシャカシャカと振ったんですが、凍ったままの部分がなかなか頑固でまったくほぐれません。

         

        一生懸命振ってたらますます暑くなってきて、もう我慢できなくなって溶けてる先から飲んじゃうから、

         

        氷の固まりはますますほぐれにくくなっちゃうし・・・

        飲んでるうちにだんだん薄味になってきちゃうし・・・

         

        けっきょく全部溶かして飲んじゃいました。

        最後の方はもうほとんど水でしたね。

         

        フローズン再チャレンジ

         

        失敗の原因は、たぶん溶け具合がほどよくないんでしょうね。

        そこで、タイミングを冷静にチェックしながら再チャレンジ。

         

        仕事中の傍らに凍ったヨーグリーナを待機させておいて、溶け具合をチェックしながらこまめにフリフリシェイク。

         

        だけどやっぱり氷の塊はなかなかシャリシャリにならず、力を込めて振り続けても、ほぐれぬ氷に虚しくなるばかり。

         

        結局のところほどよいタイミングを掴めないまま溶けきって、冷たくておいしい普通のヨーグリーナでいただきました。

         

        フローズン逆転の発想

         

        検索サイトで「ペットボトル」「シャーベット」と打ち込むと、いろいろ出てきますが具体的な解決策には辿り着けないまま。

         

        そんな中で一つだけ、試してみたくなる作り方がありました。

        それは凍らせる過程でシャーベット状にするという方法です。

         

        これはつまり「過冷却」という現象を利用した作り方ですね。

        以前テレビで見た時の事を思い出しました。

         

        では作ってみましょう。

        まずは普通にペットボトルを冷凍庫に入れてしばらく待機。

         

        そして、まだ凍ってはいないけどキンキンに冷えた頃合いに、冷凍庫から出して振ると、あっという間にシャーベットに。

         

        しかもシャーベット状に凍ったのは、だいたい半分くらい。

         

        あまり凍りすぎるとペットボトルの口でつっかえそうだし、薄めのシャビシャビ状態が飲みやすくてちょうど良いです。

         

        ほどよいシャリシャリ感を味わいながら、キンキンに冷えた美味しいヨーグリーナ。

         

        やっといただく事ができました。

         

        ※写真はイメージです

         

        フローズンを外で飲みたい

         

        上手くできたし美味しくいただく事もできたのですが、でもこれだと冷凍庫のある自宅でないとできませんね。

         

        凍ったヨーグリーナを持って釣りに行くとか、ほてった肌を冷ましながら溶けるのを待つとか、

         

        やっぱりアウトドアでフローズンを楽しみたいので、あらためて最初からやり直しになりそうです。

         

        今の自分がもし学生だったとしたら、これは良い自由研究のテーマになったかもですね。

         

        by ルアーショップ・マスオカ 店長

         

        スポンサーサイト

        | マスオカ店長 | 美味しくいただきました | comments(0) | - |