無料ブログ作成サービス JUGEM
荒れたサーフにめっぽう強くて使い勝手の良いルアー
0

    たとえば休日にサーフへ出掛けたものの、風が強くて荒れ気味で、まともに使えるルアーが限られてしまうような時。

     

    サーフゲームを楽しむアングラーの方々なら、おそらくそんな悪条件に見舞われてしまったという経験もあるでしょう。

     

    これが危険を伴うほどの荒れようでしたら、もちろん釣りは諦めて引き返すべきですが。

     

    そこまで切実な状況でなければ、こんど新しく出た「ぶっ飛び君75HS」がきっと活躍してくれるはず。

     

    そもそもこのルアーは、そんな時のために作られたルアーでもあるわけですから。

     


    ジャンプライズ(Jumprize) ぶっ飛び君75HS #01 レンズキャンディーグローベリー

     

    荒れた海でも飛び出さずに巻きで使えて、速い流れや強い風の中でもレンジキープしたドリフトが可能。

     

    通常の小型プラグでは太刀打ちできないような厳しい条件下での使用も想定されたプラグルアーです。

     

    静かで穏やかな海よりも、少し荒れ気味の方が大物や大釣りのチャンスと捉えている方も少なくはないはず。

     

    そんな読みが確かなのかどうかを実証するためにも、このルアーを用意しておく意味があると思います。

     

    ※写真は「井上友樹のJUMPRIZE日記」より拝借しました

     

    「井上友樹のJUMPRIZE日記」で紹介されていた、使用頻度の高い万能カラーとされる3色。

     

    もちろん全部用意してあります。

     

    それから、濁り潮や荒天時に出番が多くなるとされる5色。

     

    こちらは一部カラーを用意しておきました。

     

     

    ちなみに、このルアーにはご覧の通りラインアイが2か所あります。

     

    鼻先のラインアイは、ただ巻きでのスライドスイムアクションやドリフト釣法に。

     

    上部のラインアイにセットすると、ロッドワークによりスライドスキッピングやスライドダートも可能になります。

     

    −−−−−

     

    ■スポンサーサイト

     

    ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業しています。 定休日は毎週水曜日です。

    | マスオカ店長 | ルアー用品の話 | comments(0) | - |
    こんな物であんな魚が釣れるからルアー釣りは面白い
    0

      最初の頃は「本当に釣れるの?」と疑う方も多い釣りでしたが、今ではすっかりおなじみのルアーフィッシングになりました。

       

      専用のルアーもあれこれいろいろ出てきましたが、最近とてもステキなのが入荷したので、まずは取り急ぎご紹介します。

       

      小粒でコロンと丸っこくって可愛らしいルアー。

       

      色もキレイでアクセサリーにしたくなるくらい。

       

      でもこう見えて、ちゃんと魚が釣れる立派なルアーなんです。

       

      ハゼ釣り用ルアー

       

      で、これで何を釣るかというと。

       

      このルアーはハゼを釣るために作られた、まさにハゼ専用クランクベイトなんです。

       

      いま出回っているハゼ用クランクベイトよりも一回りほど小さいコンパクトサイズ。

       

      小粒だけどウエイトはそこそこあるので、ちょっと離れたポイントでも楽々カバー。

       

      フローティング設定なので、スタックしそうになっても止めて浮かせてクリアできます。

       

      まだ届いたばかりで使ってもいないので断言する事はできませんが、おそらくこの夏たくさんのハゼを仕留めてくれるでしょう。

       

      ■Bassdayはぜ玉

       

      使い方もとっても簡単。

       

      ルアーのリップで底を小突きながら、ゆっくり巻くだけでOK。

       

      女性でもお子様でも、初めての方でも簡単に釣れます。

       

      夏休みのファミリーフィッシングや釣りデートにも最適ですよ。

       

      大事なのは、ターゲットがいる場所へ投げる事。

       

      そりゃ当たり前ですね。魚がいなけりゃ釣れませんしね。

       

      そしてこのルアーの使用に適した条件を選ぶ事。

       

      どんなルアーでも得意な場所と不得手な状況がありますよね。

       

      そのあたりをちゃんと把握して、エスコートしてあげてください。

       

      −−−−−

       

      ルアーショップ・マスオカは朝10時から夜8時まで営業中です。 定休日は毎週水曜日です。

      スポンサーサイト

       

      | マスオカ店長 | ルアー用品の話 | comments(0) | - |
      三種三様なマイワシカラーどれが釣れると思いますか?
      0

         

        海のルアーフィッシングで欠かせないカラーといえば、まず思い浮かぶのが「イワシ」カラーです。

         

        フィッシュイーターにとって主要な餌となる事が多い、マッチザベイトの代表とも言えるカラーです。

         

        中でも「マイワシ」カラーはほとんどのソルトルアーにラインナップされている定番中の定番カラー。

         

        あらゆるソルトゲームを広く楽しむアングラーのタックルボックス収納率も高い超人気カラーです。

         

        そんな「マイワシ」カラーを重要視したラインナップを展開しているルアーといえば「ピグミーシャッド

         

        カマスやメッキアジを主としたライトソルトゲームで高い釣果実績を誇るジャクソンのルアーです。

         

         

        このルアーには現在9色がラインナップされていますが、そのうちの3色が「マイワシ」系カラー。

         

        なんと全体の1/3に「マイワシ」をイミテートしたカラーが配されるという、こだわりのバリエーション。

         

        その3つの「マイワシ」カラーにはそれぞれに特徴があり、好みや状況により選ぶことができます。

         

        つまり単純に「マイワシ」カラーとして選ぶのではなく、どの「マイワシ」カラーをセレクトするのか。

         

        いろんな「マイワシ」カラーの使い分けを提唱している、いわば意識高い系のカラー展開なんです。

         

         

         

        ■オーソドックスでプレーンなタイプの「コイワシ」カラー

         

        これぞ「マイワシ」カラーの正統派とも言える、ごくごく一般的でなじみ深い代表的なカラーです。

         

        ボディに施されたシルバーのホログラムは、ナチュラルな輝きを放つマグマパターンのホロ仕様。

         

        反対側から光をかざすと鱗模様をイメージした輪郭に沿ってうっすらと光が漏れるのがわかります。

         

         

        ■弱々しくかつ存在感も併せ持つ「スキンイワシ」カラー

         

        ボディはほとんど透明ですが、光の当たり方によってはホログラムの輝きで怪しくアピールします。

         

        傷つき弱って輝きを失った「マイワシ」を連想させるような、ぼんやりと淡くはかなげなカラーリング。

         

        フィッシュイーターにとって格好の獲物となる死にかけた小魚のイメージを連想させるカラーです。

         

        明るい常夜灯の下や澄んだ水の中や、ルアーにスレたターゲットの攻略にも効果的な色合いです。

         

         

        ■アピール力と存在感を強調した「アカチライワシ」カラー

         

        背と腹がクリアレッドでカラーリングされていて、真下から覗くとほんのり赤く光るように見えます。

         

        横から見るとボディの輪郭が背と腹の配色により強調され、より存在感をアピールするカラーです。

         

        光の反射が強いパターンのホログラムシートを採用する事によりルアー本体の視覚的効果も増強。

         

        いわゆる明るく派手なカラーリングとはまた違った工夫で存在感と吸引力をアップさせるカラーです。

         

        という3色なんですが、さて今宵のライトゲームではどの「マイワシ」カラーが釣れると思いますか?

         

        by ルアーショップ・マスオカ 店長

        | マスオカ店長 | ルアー用品の話 | comments(0) | - |