無料ブログ作成サービス JUGEM
三種三様なマイワシカラーどれが釣れると思いますか?
0

     

    海のルアーフィッシングで欠かせないカラーといえば、まず思い浮かぶのが「イワシ」カラーです。

     

    フィッシュイーターにとって主要な餌となる事が多い、マッチザベイトの代表とも言えるカラーです。

     

    中でも「マイワシ」カラーはほとんどのソルトルアーにラインナップされている定番中の定番カラー。

     

    あらゆるソルトゲームを広く楽しむアングラーのタックルボックス収納率も高い超人気カラーです。

     

    そんな「マイワシ」カラーを重要視したラインナップを展開しているルアーといえば「ピグミーシャッド

     

    カマスやメッキアジを主としたライトソルトゲームで高い釣果実績を誇るジャクソンのルアーです。

     

     

    このルアーには現在9色がラインナップされていますが、そのうちの3色が「マイワシ」系カラー。

     

    なんと全体の1/3に「マイワシ」をイミテートしたカラーが配されるという、こだわりのバリエーション。

     

    その3つの「マイワシ」カラーにはそれぞれに特徴があり、好みや状況により選ぶことができます。

     

    つまり単純に「マイワシ」カラーとして選ぶのではなく、どの「マイワシ」カラーをセレクトするのか。

     

    いろんな「マイワシ」カラーの使い分けを提唱している、いわば意識高い系のカラー展開なんです。

     

     

     

    ■オーソドックスでプレーンなタイプの「コイワシ」カラー

     

    これぞ「マイワシ」カラーの正統派とも言える、ごくごく一般的でなじみ深い代表的なカラーです。

     

    ボディに施されたシルバーのホログラムは、ナチュラルな輝きを放つマグマパターンのホロ仕様。

     

    反対側から光をかざすと鱗模様をイメージした輪郭に沿ってうっすらと光が漏れるのがわかります。

     

     

    ■弱々しくかつ存在感も併せ持つ「スキンイワシ」カラー

     

    ボディはほとんど透明ですが、光の当たり方によってはホログラムの輝きで怪しくアピールします。

     

    傷つき弱って輝きを失った「マイワシ」を連想させるような、ぼんやりと淡くはかなげなカラーリング。

     

    フィッシュイーターにとって格好の獲物となる死にかけた小魚のイメージを連想させるカラーです。

     

    明るい常夜灯の下や澄んだ水の中や、ルアーにスレたターゲットの攻略にも効果的な色合いです。

     

     

    ■アピール力と存在感を強調した「アカチライワシ」カラー

     

    背と腹がクリアレッドでカラーリングされていて、真下から覗くとほんのり赤く光るように見えます。

     

    横から見るとボディの輪郭が背と腹の配色により強調され、より存在感をアピールするカラーです。

     

    光の反射が強いパターンのホログラムシートを採用する事によりルアー本体の視覚的効果も増強。

     

    いわゆる明るく派手なカラーリングとはまた違った工夫で存在感と吸引力をアップさせるカラーです。

     

    という3色なんですが、さて今宵のライトゲームではどの「マイワシ」カラーが釣れると思いますか?

     

    by ルアーショップ・マスオカ 店長

    | マスオカ店長 | ルアー用品の話 | comments(0) | - |